作成者別アーカイブ: アートギャラリー 小森

アートギャラリー 小森 について

アートギャラリー小森は、昭和60年に店舗を構えました。 近代日本の洋画・日本画・彫刻を主体に、東洋美術、そして日本の古陶磁・一般骨董品を取り扱っている画廊です。 名古屋市中区栄の中日ビル1Fへの移転に伴い、版画・一般骨董をはじめました。また、家や蔵の解体、整理や引越で出てきた美術品(日本画や洋画といった絵画・掛け軸・陶工芸・版画・古美術品・骨董品・刀剣など)を随時買取致しております。

開会式(碧南市藤井達吉現代美術館)

先日(10月10日)に碧南市藤井達吉現代美術館「長野県信濃美術館名品展」の開会式に行ってまいりました。
本来なら翌日に更新を行おうと思っていたのですが、東京出張等、様々な予定が立て込み、ようやく今日の更新と相成りました。

さて、今回の企画展ですがタイトルにあるとおり長野県信濃美術館から多数の名品がやってきております。中でも注目すべきは菱田春草の作品で、6点もの作品が展示されております。春草は長野県飯田市の生まれでして地元の作家として長野県信濃美術館が集めていたものですが、6点もの作品が碧南の地で鑑賞できるとはなんとも贅沢な限りです。
本来であればこれだけの作品を碧南へ回してしまえば長野県信濃美術館内が寂しいことになるのでしょうが、長野県信濃美術館は築50年を迎え老朽化が進んだため現在リニューアル化がすすめられており休館中です。そのため美術館に展示する必要がないため、春草ほかよりすぐりの名品が碧南に来たようです。

菱田春草、奥村土牛、河野通勢、藤島武二、荻原守衛、草間彌生 他、多くの美術品が展示されております。もちろん地下1階の常設展コーナーでは藤井達吉も展示されておりますので、見忘れ等ございませんようご注意ください。

本展覧会は10月11日~11月26日まで開催されております。
長野県信濃美術館に興味を持っていた方々は是非足をお運びください。

碧南市藤井達吉現代美術館「長野県信濃美術館名品展」(有料)

開会式(愛知県美術館)

昨日(10月7日)に愛知県美術館「開館二十五周年記念 長沢芦雪展 京のエンターテイナー」の開会式に行ってまいりました。

この芦雪展ですが、二十五周年ともありなかなかの名作がそろっております。協力者覧をみても神社、美術館、会社、美術業者、個人収集家 等あわせて70以上の名が書き連ねております。ここ最近の愛知県美術館では一番力が入っている企画展ではないでしょうか。

さて、長沢芦雪は江戸時代の絵師で円山応挙の弟子になります。存命期間は1754~1799年と46歳で生涯を閉じております。
芦雪は師とは対照的に、大胆な構図、斬新なクローズアップを用い、奇抜で機知に富んだ画風を展開した「奇想の絵師」とも言えましょう。
この「奇想」という言葉ですが、辻惟雄が1970年に刊行された「奇想の系譜」に端を発し、西洋美術に対しても「奇想」の語が用いられるほど今となっては定着しております。その辻氏の最近の出版物内でも芦雪のことを「人工の奇想」だと述べています。
奇想とは「普通には思いつかない、変わった考え。奇抜な着想」です。
そんな芦雪だからこそ、今回の企画展を考えた方も「京のエンターテイナー」と称したのでしょうね。

今回の目玉は無量寺の襖絵空間を体感できます。非常に貴重ですので是非足を運んでくださいね。
ではまた、次の更新でお会いしましょう。

愛知県美術館「開館二十五周年記念 長沢芦雪展 京のエンターテイナー」(有料)
開催期間:10月6日(金)~11月19日(日)  

赤札市、終了のおしらせ

9月5日から始まりました「赤札市」ですが、今回も大勢の方のご好意のおかげで、無事完売となりました。
多数のご来廊、ありがとうございました。

今回は半年ぶりの開催で不安もあったのですが、いつも以上に盛況で「年内にまたよろしくね」、「移転したら連絡をちょうだいね」 等色々お声を掛けて頂き、大変満足しております。

次回の開催日は未定ですが、年内を目処に頑張って企画していきたいと思います。

ではまた次回の更新でお会いしましょう!

開会式(愛知陶磁美術館)

昨日(8月31日)に愛知陶磁美術館「アジア現代陶芸展 2017」の開会式に行ってまいりました。

今回の企画は4つの国・地域(日本・韓国・中国・台湾)の陶磁専門コースを有する美術系大学による国際陶芸展です。出品数は337点とかなりの点数にのぼり、2階の常設展まで含むと500点を超える作品を観ることができます。
この企画は今回で14回目となり、2004年に愛知陶磁資料館(現 愛知陶磁美術館)で開催され、今日に至っております。
いまでこそ大きな企画となっておりますが、開催当初は韓国の弘盆大学校と愛知県立芸術大学の大学院生を中心とする小さな展覧会としてスタートしました。

作品は伝統的陶芸から現代美術的なものまで幅広く取り揃えておりますが、作品数は現代美術系が多いかと思います。
現代美術が好きな方はおすすめかもしれませんね。

開催期間は8月31日(木)~10月22日(日)と1ケ月半ほどで、観覧料は一般600円、高大生500円、中学生以下無料とのことです。
ご興味がおありの方は是非行かれた方がいいかと。お値打ちですよ。ではまた。

赤札市のおしらせ

久しぶりの赤札市開催のおしらせです。

前回の開催日が2月27日ですから、おおよそ半年ぶりの開催です。これだけ期間があくのは初めてのことでしょうか。商品が集まらなかったためなのですが、お待たせしてしまった方々、本当に申し訳ありません。

今回の開催は9月5日(火)からです。
商品量は普通ぐらいです。
いつもどおりなくなり次第、終了となりますのでご了承下さい。

皆様の御来廊、心よりお待ち致します。

開会式?(碧南市藤井達吉現代美術館)

先日(8月5日)の更新でお約束した通り夏期休廊前の更新です。

昨日(8月7日)に台風5号襲来の中、碧南市藤井達吉現代美術館「リアルのゆくえ」の開会式に行ってまいりました。
早めに到着したので車の中で40分程待っていたのですが、車から出るのを躊躇うほどの豪雨でして、帰りの心配を本気でしましたよ。まあ、東海集中豪雨の時、名古屋から埼玉まで車で走ったことに比べれば、楽なんですけどね(笑)

さて大雨の中、決意を固め車を出て、美術館の扉をくぐったら見慣れぬ看板が。何かなと読んでみると・・・「本日、大雨のため開会式中止致します」って書いてあるじゃありませんか!一緒に扉をくぐった見知らぬ女性と無言で見つめ合ってしまいましたよ。互いの気持ちは一つ「え~っ!!」で感じでしょうか。ですが不思議なことに受付の方から複数の人の気配がします。様子を見がてらお手洗いでも借りようかと思い、受付に行ってみると見知った学芸員さんの姿が・・・お尋ねしてみると、開会式は中止になったものの、作品は拝見できるとのことでした。いや~ホッとしましたよ。カタログを頂き作品鑑賞を楽しんできました。

今回の展覧会は明治から現代までの写実画が並べられており、時代ごとの移り変わりを楽しむことができます。岸田劉生の「麗子像」や高橋由一の「鮭」等、有名な作品も多数出展されているので、お楽しみ頂けるかと思います。
この「リアルのゆくえ」は平塚市美術館、足利市立美術館、碧南市藤井達吉現代美術館、姫路市立美術館の計4か所で開催されます。
熱い夏休み、クーラーの効いた部屋で美術鑑賞などどうでしょうか?おすすめですよ。

タイトル「開会式?」のクエスチョンマークの意味は、開会式は行われなかったからです(笑)

碧南市藤井達吉現代美術館「リアルのゆくえ」(有料)
開催期間:8月8日(火)~9月18日(月・祝)

夏期休廊のおしらせ

お久しぶりです。
先日お客様と会話をしていた折、「最近ホームページ、全く更新していないね。美術館の開会式とか行ってないの? 赤札市は?」等、色々と言われようやく気付きました、「あっ、ホームページの更新全くしてない!!」と
赤札市は2月末日に開催した後、品不足により開催できず、開会式の方は参加はしているのですが、ホームページに感想をアップするのを忘れていまして・・・ 気づけば3月6日の更新を最後に、更新の方を忘れていました(汗)
赤札市の方はようやく商品の確保が先月末に終わったため、9月を目処に頑張ってみようかと思います。準備が整い次第、店頭とホームページにて告知致しますので、もう少しお待ち下さい。

さてタイトルにありますように、夏期休廊のご案内です。今年は山の日(祝)が金曜日ということもあり、大型連休にさせて頂きました。日にちは8月11日(金)~20日(日)です。実は10日間の連休は中日ビル移転後、最長の連休でして結構楽しみにしております。
夏期休暇に入る前にもう一度更新する予定ですので、興味がおありでしたら、ホームページをみてください。
それではまた次回お会いしましょう。

赤札市、終了のおしらせ

2月27日から始まりました「赤札市」ですが、今回も大勢の方のご好意のおかげで、本日、無事完売となりました。
多数のご来廊、ありがとうございました。

前回の3ヶ月後の開催と有言実行することができ、満足しております。

次回の開催予定ですが、6月頃を目処に頑張って企画していきたいと思います。

ではまた次回の更新でお会いしましょう!

赤札市のおしらせ

お久しぶりです。

今年最初の赤札市を開催したいと思います。期間にすると3ヶ月ぶりぐらいでしょうか。

今回の開催は2月27日(月)からです。
商品量は普通ぐらいです。
いつもどおりなくなり次第、終了となりますのでご了承下さい。

あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。

今日からまたお仕事再開です。
今日は中日ビルでは、テナント等契約している人達だけで集まって、毎年恒例の「名刺交換会」が行われましたが、やはり出てくる話題は中日ビルの建て替えについてが多かったように感じました。やはり皆さん考える事は一緒のようです。我が社もまだ移転先が決まっていないので、なかなか頭が痛い状態です。

以前もお話ししましたが、移転先が決まりましたら、ホームページでお伝えしますので、宜しくお願い致します。

ではまた次回の更新でお会いしましょう。